採用情報

あなたのチカラで「安全」「快適」なクルマ社会を創りあげていきませんか?

HOME > 採用情報 > 新卒採用情報 > 先輩社員インタビュー1

先輩社員インタビュー

なぜこの会社を選んだの?

志望が明確で絞り込んだ就職活動

学生時代は制御工学研究室に所属していました。もともとは担当の先生が好きというだけで選んだのですが、研究を進めていくうちにその内容にのめり込み、将来の仕事に活かしたいと思うようになりました。また、両親ともに自動車メーカーで働いていたこともあり、私自身も卒業後は自動車関連のメーカーに進みたいという気持ちがあったので、志望する職種はある程度明確でした。卒業生が働いていて当時から名前も知っていたこの会社は、調べてみたところ私の理想に非常にマッチしていたので、ほぼここ一本というくらい絞り込んだ就職活動となりました。入社後、まず感じたのは、社内のコミュニケーションがとてもとりやすいこと。オフィスはワンフロアすべて見渡せるオープンな作りで、誰にでも話しかけやすい雰囲気です。また、役職者であっても肩書きをつけずに「○○さん」と呼び、壁の低さを感じます。仕事を離れても上司や先輩と一緒に飲みに行ったり、年齢の近い社員同士で旅行に行ったりと、意識せずにみんなが協調して働ける職場環境です。

これからの目標は?

未来の機能をつくりだせる魅力

3年前に入社し、配属はソフト開発の部門となりましたが、入社後の1年間はハード開発の部門で研修を積みました。研修を通じてハードそのものの知識が身についたのはもちろん、このときに培った人間関係がいまとなってはスムーズに仕事を進めていくうえで非常に役立っています。現在は会社説明会のときから興味のあったACC(前走車追従機能)のソフト開発に携わっています。直接の担当は私ひとりなので、責任が大きい半面やりがいも大いに感じています。まさにいま、量産化を目前に控えて慌ただしい状況なのですが、やりたかったことに携わっているので非常に充実感があります。ただ、仕事に忙殺されることのないように、水曜日と金曜日の「ノー残業デー」や休日にはジムに行って心身ともにリフレッシュしたり、フレックスタイム制でも毎朝9:00前には出社するように意識して自己管理しています。将来的には、クライアントからオーダーを受けて開発するばかりでなく、ゼロから自分で開発した機能を世の中にリリースし、その機能が搭載されたクルマに乗るのが夢です。

現在就職活動している学生へ向けて、応援メッセージをお願い致します

就職活動されている方へ

 ホームページやパンフレットの情報だけで悩むのではなく、実際に説明会に参加してみると良いと思います。会社説明、技術紹介といっても会社により受ける印象は様々です。
 実際に働いている人と話をすることで、パンフレットからは伝わってこないその会社の雰囲気を知ることができ、その後の就職活動を進める上での参考にもなります。限られた時間を有効に使うために、悩んだらまずは行動してみるというのも一つの方法だと思います。